出席停止について(保健室より)


インフルエンザなどで出席停止と診断されたら、必ず学校へ連絡をしてください。
医師に登校を許可された段階で、治癒証明書を作成してもらい、登校時に担任へ提出してください。
治癒証明書は下のボタンからダウンロードし、A4用紙に印刷してください。

治癒証明書ダウンロード

お 願 い

(1)学校において予防すべき感染症の種類は下のとおりです。(学校保健安全法施行規則第18条)
(2)出席停止の期間は欠席扱いにはなりません。
(3)出席停止の期間は感染症の種類に応じて基準が定められています。病状には個人差がありますので、医師の指示に従い、合併症の起こらないように十分休養し、感染防止のために外部との接触を避けてください。

感染症の種類

第一種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る。)及び特定鳥インフルエンザ

第二種

インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く。)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

第三種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症