学 校 紹 介 校長あいさつ 学校経営計画 学 校 評 価 校    歌 校    章 生徒の状況 沿    革 三    宝

校長あいさつ

koutyou   
  岡山県立和気閑谷高等学校公式ホームページにアクセスしていただき、まことにありがとうございます。

  和気閑谷高等学校は、1670年に岡山藩主の池田光政が、地域のリーダーを育成するために、武士だけでなく、庶民の家に生まれた少年や他藩の少年も学ぶことができる学校を閑谷の地に開いて以来、今年で347年目を迎える、日本で最も長い歴史と伝統を誇る高等学校です。


  旧閑谷学校には「信・勤・倹」という教えがあります。
  「信」は、言ったことは必ず実行する、それが信頼や自信のもとになります。
  「勤」は、一心に励むことです。
  「倹」は、お金を倹約すべきことはもちろんですが、時間の無駄遣いや華美な服装を慎んで、学ぶことにエネルギーを集中させることが求められています。

  現在の校訓は、「誠実・勤勉 自主・自律 敬愛・協調」です。旧閑谷学校の「信・勤・倹」の精神を承け継いでいます。
  「誠実・勤勉」とは、言ったことをやり遂げ、真心をこめて一心に励むことです。
  「自主・自律」とは、してはいけないこと、しなくてはならないことを自分自身で考え、学ぶことにエネルギーを集中させていくことです。
  「敬愛・協調」とは、自分を愛するように友だちを敬い、互いに協力し合い、高め合うことです。
  今日のグローバルな世界では、単に知識や技能を得るだけでなく、自ら課題を発見して自分自身で考え行動する力やコミュニケーション力が求められています。自分自身で考えて行動する、互いに協力し合って高め合う、そして真心をこめて一心に励む、いずれも「誠実・勤勉 自主・自律 敬愛・協調」という校訓の精神と態度そのものです。

  本校は、現在、普通科とキャリア探求科の2学科9学級を有する、県東備学区の全日制高等学校として、地域のリーダーを育成すべく豊かな教育活動を展開しております。
  今年度は、地元の和気町から4人の支援職員を迎えて教育体制が一層充実しました。学校生活の様々な場面で、生徒一人ひとりが自ら学び、自ら考える機会を一層増やしていこうと思います。そして、明るく・活き活きと・爽やかに行動し地域を元気にする和気閑谷高生として伝統を継承してくれることと期待しています。
  私たち教職員も「オール和気」のチームワークで、生徒たちが自ら学び、自ら考える機会を増やすことを目標に、授業や部活動で一層の工夫をしていきたいと思っています。

  これからも、本校教育に皆様の温かいご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

     平成29年4月
      岡山県立和気閑谷高等学校長  香 山 真 一