学 校 紹 介 校長あいさつ 学校経営計画 学 校 評 価 校    歌 校    章 生徒の状況 沿    革 三    宝

沿  革


閑谷学校・閑谷黌・私立閑谷中学黌時代

事    項
寛文10(1670) 5 備前藩主池田光政が津田永忠に命じ閑谷学校を設立。
貞享 3(1686) 8 初めて釈菜が挙行され以後定例となる。
元禄14(1701) 孔子像が完成し大成殿に安置。
明治 3(1870) 9 閑谷学校を閉鎖し岡山藩学校に併合。
明治 6(1873) 2山田方谷を招き閑谷学校再興。
明治17(1884) 7保黌会が閑谷黌を再興し、西毅一が教頭となる。
明治36(1903) 4私立閑谷中学校と改称。
明治37(1904) 私立中学閑谷黌と改称。
大正 4(1915) 創立250年祭。記念写真集刊行。

岡山県閑谷中学校・岡山県立和気高等女学校

事    項
大正10(1921) 4 県営移管し岡山県閑谷中学校と改称。
大正11(1922) 3 和気郡本荘村外10か町村高等女学校組合立岡山県和気高等女学校として設立認可。
昭和 3(1928) 3 県営移管し岡山県立和気高等女学校と改称。
昭和23(1948) 4 学制改革により岡山県閑谷中学校は岡山県立閑谷高等学校と改称。岡山県立和気高等女学校は岡山県立和気高等学校と改称。
和気郡組合立和気高等学校(定時制)を併設。

岡山県立和気高等学校時代

事    項
昭和24(1949) 831岡山県条例第53条により、岡山県立和気高等学校と岡山県立閑谷高等学校を統合し、あらたに岡山県立和気高等学校を設置。和気高等学校を本荘校舎、閑谷高等学校を閑谷校舎と呼ぶ。
1020岡山県立和気高等学校開校式。
昭和25(1950) 4 1家庭科を設置。生徒定員普通科750名、家庭科300名。
昭和27(1952) 4 1生徒定員普通科780名、家庭科300名となる。
昭和28(1953) 1 校歌制定。
1 講堂国宝指定。他の従来の国宝は重要文化財として指定。
6 9新校舎落成式。
昭和29(1954) 4 1生徒定員普通科1,080名。家庭科の生徒募集を停止。
昭和32(1957) 4 1生徒定員普通科1,200名となる。
昭和35(1960) 331組合立岡山県和気高等学校(定時制)を廃止。
昭和36(1961) 527理科室・図書室落成式。
昭和37(1962) 4 1商業科を設置。
昭和39(1964) 331閑谷校舎廃止、本荘校舎へ統合。
618商業科特別教室落成式。

岡山県立和気閑谷高等学校時代

事    項
昭和40(1965) 4 1岡山県立和気閑谷高等学校と改称。閑谷校舎は岡山県青少年教育センター閑谷学校となる。
昭和42(1967) 9 2体育館竣工。
昭和43(1968)10 7体育館、新校舎落成記念式。
昭和44(1969) 310新校門完成。
昭和46(1971) 415新グラウンド新設。
10 閑谷学校創学300年記念式(岡山県主催)挙行。
1020閑谷同窓生により創学300年記念碑(信勤倹の碑)建立、除幕式。
昭和48(1973)11 1創立300年記念館竣工。
11 6創立300年記念式。「創立三百年記念誌」発行。
昭和49(1974)1120中庭造園完成。
昭和61(1986)11 1商業科設置25周年記念式。記念誌「商業科25年の歩み」発行。
平成元(1989) 2 7商業科初の推薦入試を実施。
平成 2(1990) 919台風19号により大被害。
平成 3(1991) 4 制服刷新。(男女ともブレザータイプとなる)
平成 5(1993) 315格技場整備工事竣工。
平成 6(1994)1026創立325年記念植樹。
平成 7(1995) 8 創立325年記念庭園完成。
10創立325年記念式。記念誌刊行。
平成11(1999) 普通科小学区制を中学区制に改編。
4普通科に福祉・国際(英語系・中国語系)・文理(文系・理系)の3類系を設置。
924中国上海市嘉定区第一中学と友好交流協定を締結。
925中国山東省曲阜市第一中学と友好交流協定を締結。
平成12(2000)1031創立330年記念式。中国嘉定第一中学来校。
「論語百章」刊行。
平成16(2004) 413吉井・和気地域新高等学校開校準備委員会事務局開所式。
平成17(2005) 1 6新しい和気閑谷高等学校(普通科定員80名、キャリア探求科定員120名)発足の式。
411新しい和気閑谷高等学校開設記念式。制服刷新。
平成18(2006) 127福祉実習棟新築。
平成19(2007) 3 1商業科閉科式。
平成22(2010) 4 1普通科定員80名、キャリア探求科定員80名となる。
10 7創立340年記念式。中国曲阜第一中学来校。
平成23(2011) 111ユネスコスクールに認定。
1116ソロプチミスト日本財団社会ボランティア賞青少年の部 受賞。
平成24(2012)ESDの成功事例としてUNESCO本部のHPで紹介。
平成25(2013)12 1第4回ESD大賞審査員特別賞 受賞。
平成26(2014)10 3文部科学省ユネスコスクールESD有料実践事例に選出。
1129第2回岡山高校生ボランティアアワード大賞 受賞。
平成27(2015) 4 1普通科定員80名、キャリア探求科定員40名となる。
4普通科に文T系・文U系・理系、キャリア探求科に総合系・商業系の計5類型を設置。
1030岡山県教育関係功労者表彰 受賞。
1213第1回ESD岡山アワード2015岡山地域賞 受賞。
平成28(2016)12 3第7回ESD大賞文部科学大臣賞 受賞。
平成29(2017) 2 2韓国慶尚南道昌原市龍湖高校と姉妹校協定を締結。
2 2韓国忠清北道沃川郡沃川高校と姉妹校協定を締結。
524台湾屏東女子高級中學と姉妹校協定を締結。